調節機能が低下する

メガネ

何が原因となっているのか

老眼というのは、歳を重ねるごとに眼の毛様体筋や水晶体が硬くなり、調節機能が落ちることで、近距離にあるものにピントを合わせづらくなります。そして、遠視、近視については、角膜や水晶体の屈折力が関係する屈折異常が起こることで、ピントが合わなくなります。その一方、スマホ老眼というのは、調節緊張と言われるもので、近いところにあるスマホを長い時間眺めることで、一定の間のみ老眼と似たような症状が生じるのです。しばらくスマホを使い続けることで、近距離のものにピントを固定したままになり、通常の状態に戻るのが困難になります。その際、スマホから目線を上にあげると、一時的に遠くのものが見にくくなったり、ぼやけたりすることがあるでしょう。あとは、近くでスマホを見続けることで、ピントのコントロールが上手くいかなくなり、近くにあるものも見にくくなったり、ぼけて見えたりという老眼と同じような症状が現れます。ただし、その症状の大半は一定の間だけのものですが、スマホから目を離さずに継続していると、老眼になりやすくなるでしょう。また、PC・スマホの両方とも、長くに渡って使用し続けていれば、目に負荷が加わるのは一緒だと感じる方も、中にはいるかもしれません。しかし、スマホを使う方が目に負荷がかかるとされるのは、スマホの場合、PCよりも小さな画面内の小さな文字を、長いこと近距離で見続けることになるからです。したがって、スマホの方がPCよりを使うよりも、目にかかる負担がより大きなものになってきます。

Copyright© 2017 スマホの使用時間が長いと老眼になりやすい!原因を徹底解説 All Rights Reserved.