若者に増えている症状

めがね

特徴を見つけよう

普段からスマホを操作しすぎていることが原因となり、20代から30代の若者で老眼と似たような症状が現れる、スマホ老眼にかかる方が増えています。そもそも、人の目というのは近くにあるものを確認するため、カメラでいうレンズに値する水晶体の厚みを出すことで、ピント調節をしています。その際、近くのものを確認する場合、水晶体の厚みをコントロールする部分が毛様体筋になり、目に入れるものの距離が近いほど、毛様体筋に大きな負荷が加わるのです。そこで、スマホ老眼の場合ですと、長い間近距離でスマホを眺めることで、毛様体筋がフルに活動し続け、疲労が蓄積します。そして、毛様体筋の調節力については、近距離のところを長く眺めていると、毛様体筋は近くにピントをあわせた状態から戻りにくくなります。このことを調節緊張と呼びますが、調節緊張が生じてくると遠くにあるものがぼけてしまい、確認しづらくなるでしょう。それから、スマホ老眼の特徴には、毛様体筋へかかる負荷が加わりすぎると、近距離にあるものに対し、焦点が定まりにくくなるという特徴があります。また、瞳の茶色のポイントを虹彩と呼び、虹彩に関しては、瞳孔のサイズを変化させることで、目の中に取り入れる光量をコントロールしています。その際、スマホの画面に関しては、非常に強い光を発しているため瞳孔がいつも縮んだ状態になり、虹彩に負荷が加わるのです。したがって、長くに渡ってスマホの画面を見続けると、虹彩が縮んだ状態から元に戻るのが困難になるという特徴があります。

Copyright© 2017 スマホの使用時間が長いと老眼になりやすい!原因を徹底解説 All Rights Reserved.